苦闘する外国人就活生 コロナ禍で内定遅れ、募る不安:日本経済新聞電子版

日本企業への就職を目指す外国人学生が窮地に追い込まれている。一部の企業が新型コロナウイルスの影響による業績悪化を受け、採用を絞っているためだ。企業は人手不足のほかダイバーシティー(多様性)で組織を強くする狙いなどから外国人の採用を増やしてきたはずだが、このまま見放してしまうのだろうか。

「外国人というだけでほとんど門前払いされてしまうのがつらい」。九州地方にある私大4年の韓国人留学生はこう語る。・・・続きをみる

■掲載元情報■
掲載日:2020-07-16 02:55:55 UTC
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61476150U0A710C2XS5000/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事