外国人への情報伝達 “やさしい日本語”活用を 入管庁・文化庁・手引:労働新聞社

外国人への情報伝達 “やさしい日本語”活用を 入管庁・文化庁・手引:労働新聞社

出入国在留管理庁と文化庁は、外国人労働者に日本国内の制度や職場のルールを教える場面で活用可能な「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」を公表した。情報を伝える際の注意点をまとめており、文書作成時のポイントや難しい言葉の言い換え方などを指南している。
やさしい日本語とは、難しい言葉を言い換え、相手に配慮した分かりやすい表現にしたもの。・・・続きをみる

■掲載元情報■
掲載日:2020-09-11 05:30:06 UTC
掲載メディア:労働新聞社
URL:https://www.rodo.co.jp/news/94290/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事