紹介サービスを上手に使いこなすには?派遣サービスや自社採用との比較でわかる唯一のメリット

紹介サービスを上手に使いこなすには?派遣サービスや自社採用との比較でわかる唯一のメリット


社員の退職補充、残業対応で必要な新規採用、新たな部署設立や業務変更による増員採用・・・。様々な人材採用の場面で、ハローワークに求人を出したり、広告媒体に掲載する手配したりと自社で採用活動を行う他に、アウトソーシングする方法がありますね。

そんな時に思い浮かぶ二つの手段。派遣を入れるか、紹介会社に頼むか・・・。
採用活動を任せる点は共通していますが、この二つは似て非なるもの。今回は派遣と紹介の上手な使い分け方について解説します。

紹介会社と派遣会社の違いとは?


紹介会社と派遣会社のサービス内容は、実は全く異なります。
最たる違いは雇用契約関係。人材紹介会社が提供するサービスはあくまでも人材の紹介と採用支援までです。紹介された転職希望者を採用し雇用契約を結ぶのは採用企業です。それに対して人材派遣会社では派遣スタッフと人材派遣会社で雇用関係を結びます。就業規則や給与の支払いは派遣会社の規定に準じることになります。

この雇用契約関係の違いをベースに「どこまでのことをやってくれるのか」が変わってきます。

紹介会社がやってくれること:
・求人票の作成
・採用要件に合致する応募者の人選および推薦
・面接日程の調整
・応募者への合否連絡
・より良い人材が採用できるためのコンサルティング

派遣会社がやってくれること:
・派遣契約の業務に適した人材の選定
・派遣スタッフの管理
・派遣スタッフへの賃金支払い
・派遣スタッフの生活バックアップ(寮対応、赴任支援など)
・業務がなくなったときの派遣スタッフへの雇用継続対応

両者を見比べると、紹介はあくまでも転職希望者が入社するところまで、派遣は配属後もフォローが続くという点が異なることがわかります。

採用のフォーカスポイントで選ぶべきサービスが変わる


アウトソーシングしたいその採用のどこにフォーカスポイントがあるかによって、紹介と派遣のどちらを選ぶべきかが変わってきます。

求める人物像が明らかで、「人」にフォーカスした採用を行う時に、紹介サービスが適しています。求人サイトに書きづらい人材要件を紹介会社へ依頼することも可能です。また、紹介サービスでは採用企業が転職希望者を直接雇用することになるので、長期の雇用が前提となります。

一方、継続的に経験やスキルが不要な業務において採用したい、一時的に忙しくなる特定の業務に従事してくれる人材を採りたいなど、「業務」にフォーカスした採用を行う時に派遣サービスが適しています。派遣サービスにおいては、配属された人材へ業務に関する指示をするだけで、一人ひとりへのフォローは派遣会社がやってくれます。ただし、派遣契約に基づく業務に関する指示はできますが、業務内容やその他労働条件を勝手に変更することはできません。

紹介サービスって高い?紹介と派遣のサービス利用料金による違い


人材紹介では採用が決定した場合に、「紹介手数料」の支払いが必要です。紹介手数料は紹介された人材が入社した時に発生する場合がほとんどです。
料金体系は、理論年収の●%や、一律●万円、など紹介会社によって異なります。ただし、年収に応じて決定する紹介料が多数で、理論年収の25~35%が相場と言えるでしょう。

派遣では、派遣会社が提示する派遣料金単価×派遣スタッフの実働時間の支払いが必要となります。派遣料金単価は、就業エリアや業務内容、作業の難易度など、様々な要因を加味して設定されます。

サービス料金の違いだけ見ると、紹介料金は高く感じられる方も多いと思います。
「派遣は働いてくれた時間だけの支払い、紹介は入社したら働かなくてもすぐに辞めてもかかる支払い」という表現を聞くことも少なくありません。

果たして、紹介サービスは高いのでしょうか?
サービス料金の捉え方においても、その採用のフォーカスポイントによって変わります。

「この業務だけをひたすらこなして欲しい」「今後も任せる業務範囲はさほど変わらない」
このようなニーズに対しては派遣サービスの方が費用対効果は高いでしょう。例え、派遣スタッフがすぐに辞めてしまっても代わりの人材が派遣してもらえますし、業務量が減れば配属人数を調整することが可能です。

しかし、派遣スタッフは派遣会社と雇用関係がある人材です。なかなか自社の考え方や風土を染み込ませることは難しく、希薄な関係性だからこそ起こりうるトラブルもしばしば。派遣という働き方を自ら進んで選んでいる人材は、長期就労や職場でのコミュニケーションを望んでいない人材も含まれるため、定着に課題も見られます。派遣会社のフォローが手薄だと、派遣スタッフの入れ替わりが激しくなり、事務コストが嵩んでしまうリスクがあります。
また、逆に派遣スタッフが優秀だからといって、任せる業務の内容や責任の範囲を勝手に変更することもできません。「人」にフォーカスポイントを置いた途端に窮屈に感じてしまうデメリットもあるのです。

ただし、「今後の会社組織において、中核を担っていける人材を採用したい」「中堅社員が少なく今のうちに若手を採用して育てたい」というニーズには、紹介サービスの方が最終的にはコスト面でもパフォーマンスを発揮します。ここに気付いている採用担当者様はかなり少ないと思います。次の章でそのパフォーマンスの高さについて解説します。

最高難度の採用を任せることができることが最大のメリット!


紹介サービスを利用した場合、それは初めから「人」にフォーカスした採用ですので、転職希望者も企業のメッセージをきちんと受け取った状態で入社します。実は、この「人」にフォーカスした採用こそ、最も難易度が高いのです。
自社に適した人材を手に入れられる採用手法を手に入れること、そして時代に合った見せ方を模索し適合させていくことには、多くのコストと期間を要します。
中長期的な自社の採用計画と、そのトライアンドエラーのペースとコストが見合えば、自社でノウハウを積める方が最高です。企業としての採用ブランドが確立し、採用条件での戦いから脱することができるからです。最も効率がいい採用ですね。
しかし多くの企業が、中長期的な自社の採用計画に対し、「今」、具体的な手を打ちたいと考えています。
そのニーズに応えるために、時間と費用のリスクを抑えるサービスが紹介サービスなのです。
自社で行う社員採用で、苦労の多い書類選考や面接設定など時間のかかる事務工数を抑えながら採用活動を進めることができ、採用できなかった場合の費用的なリスクも軽減できます。さらに、社員を雇用する上で整備すべき体制についても、紹介会社からアドバイスをもらうことができます。

紹介会社に依頼することで、今までなぜ採用できなかったのか、なぜ辞めてしまうのか、など、長年抱えてきた悩みが解決できることもあるのです。

それだけではありません。自社では気づかなかった企業としての魅力や求職者のリアルな声を、紹介会社からフィードバックしてもらえば、今後の自社採用にも活用できるノウハウを手に入れることも可能です。自社の魅力に気づき、それを社内で共有すれば、社員のモチベーションを高めたり、社員育成の際に活用できたりと、お金で買えない価値も生まれます。

どうしても拭い去れない早期離職のリスクには「返戻金制度」を確認


多くの紹介会社では、紹介した人材が早期離職した場合に紹介料の一部が返金される「返戻金制度」を設けています。その人材が在籍していた期間に応じて、返金額が異なるケースがほとんどです。必ず契約時に確認するようにしましょう。
▶︎エス・エス産業の紹介サービスでも返戻金制度を設けています。
株式会社エス・エス産業 返戻金制度

まとめ


いかがでしたでしょうか?
紹介サービスは単独で考えるとどうしてもイニシャルコストの高さに目がいってしまいますが、他の採用手法と比較することで、メリットが浮かび上がります。

▶︎派遣にはない紹介のメリット
業務ではなく「人」にフォーカスした採用ができる。
▶︎自社採用にはない紹介のメリット
時間と費用のリスクを抑えられる
今後の自社採用や社員育成、社内の制度整備に生かせるアドバイスが得られる

ぜひ、一つの採用手法の一部の特性だけで判断せず、必ず比較し、自社の採用課題に照らし合わせて選ぶことが重要となります。

当社では製造特化で人材サービスを展開してきましたので、特に製造業で働く「人」にフォーカスした採用を得意としています。採用手法によるメリット・デメリットに関してもお任せください。

関連記事