コロナ下の外国人材活用、オノデラが入国後の待機支援:日本経済新聞電子版

コロナ下の外国人材活用、オノデラが入国後の待機支援:日本経済新聞電子版

新型コロナウイルスの流行で細った外国人労働者の受け入れを巡り、人材各社が再開に向けた対応を進めている。特定技能人材の仲介を手掛けるオノデラグループ(東京・千代田)は入国後の一時待機を支援するサービスを始める。コロナ下でも介護分野などの人手不足は続いており、人材の確保や就労しやすい環境づくりにつなげる。
政府は10月からすべての国を対象に、ビジネス目的などで新規に日本に入国することを認めた。ただ国に・・・続きをみる

■掲載元情報■
掲載日:2020-11-25 12:03:00 UTC
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66638260V21C20A1TJ1000#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事