12月の外国人新規入国者数5万3187人 入管庁発表:日本経済新聞電子版

12月の外国人新規入国者数5万3187人 入管庁発表:日本経済新聞電子版

出入国在留管理庁は22日、2020年4~12月の外国人入国者数の速報値を公表した。同年12月の外国人入国者数は6万9742人で、このうち新規入国者数は5万3187人だった。19年12月は新規入国者数は230万人を超えたが、新型コロナウイルスの影響で大幅に減った。

政府は昨年12月28日に水際対策を強化するため、外国人の新規入国を原則停止した。菅義偉首相は今年1月13日、これまで例外だった中国、韓国など11カ国・地域とのビジネス目的の往来も一時停止すると表明した。

入管庁によると、ビジネス目的の往来のうち出張者が対象となる短期の「ビジネストラック」を利用した昨年12月の新規入国は905人にとどまった。

企業の駐在員や技能実習生が主な対象の中長期の「レジデンストラック」の利用者は4万7291人だった。この中には11カ国・地域以外の外国人の入国者数も含まれる。

■掲載元情報■
掲載日:2021-01-22T23:44:00+09:00
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE226HM0S1A120C2000000/

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事