外国人の雇用はどうする?人材紹介と直接雇用のメリットとハードル

深刻な人手不足の解決策としてだけではなく、企業の業績アップや新たな企業風土を育てるために外国人を積極的に採用する企業が増えています。かつては外国人労働者と言えば工場などで不足しがちな労働力を補うのが主流でしたが、現在は小売店や医療などサービス分野にも活躍の場が広がっています。

そこで今回は、外国人に特化した人材紹介サービスを利用して直接雇用をする方法を中心に、外国人の採用手段について紹介します。

外国人採用は大きく分けて人材紹介会社を通して直接雇用するか、人材派遣の形態にて派遣会社と契約するかのいずれかです。両者のメリットと乗り越えなければいけないハードルを紹介しますので、自社にどちらがマッチしているかぜひご検討ください。

外国人の人材紹介会社を利用する場合のメリット

外国人に特化した人材紹介会社を利用する場合のメリットを紹介します。考えられる主なメリットは以下のとおりです。

  • 採用手続きに関して人材紹介会社のサポートが受けられるため、外国人採用特有の手続きがあっても安心
  • 人材紹介会社によってはマナー研修をはじめとしたさまざまな研修を受けているため、日本での働き方について学んだ外国人労働者を雇用できる
  • 人材派遣と異なり、優秀な人材であれば状況に応じたポジションや役割を与えたり、長期的に雇用したりすることができる
  • 人材採用は成功報酬型なので、希望する人材が見つからず採用に至らなかった場合にはコストがかからない
  • 求める採用要件にピンポイントで合致する人材を紹介してもらえる可能性がある

以上のように、必要な人材を余分なコストをかけずに雇用できる可能性が高い点が、企業にとって人材紹介会社を利用する大きなメリットと言えます。

人材紹介により外国人を直接雇用する場合のハードル

メリットが数多くある一方で、人材紹介により外国人労働者を直接雇用する際には無視できないハードルもあります。中部経済産業局が発表している「国際的な人材活用 外国人労働者受入ガイドブック」にはさまざまな外国人雇用に関するハードルが掲載されています。

  • 仕事内容について理解してもらっていると思っていたのにまったく理解されていなかった(日本語が通じていなかったため)
  • 外国人労働者が近隣の住民とトラブルを起こしてしまった
  • 外国人労働者が会社に無断で社宅に家族を招いて一緒に暮らしている

こうした問題が起こる大きな要因の一つが日本との文化や考え方の違いです。

ほかにも、決まった時間に宗教上の礼拝の時間があったり、顧客との食い違いが生じたときに日本人であれば先に謝る場面でも母国での対応と変わらず自らの言い分を主張したりするなどがあります。

外国人に悪気はないですが、何も対策をせずに雇用を進めてしまうと、不透明な評価制度に不満を持った外国人労働者が一斉に退職してしまったり、顧客や関係者に対してトラブルを起こすことで信用低下を招いてしまったりするなどのリスクが存在します。

技能実習生を採用した企業に対して当社が2019年に行ったアンケートについても以下の声が寄せられました。

・思ったよりも言葉が通じていなかったので、不良品を出してしまった。

・言葉の壁があった。最初の実習生は日本語の通じる人材が望ましい。

・実習生の指導員として高度人材を採用したが、技能習得期間が短かったこともあり、指導員が技能を習得するのに苦労している。

このようなことが起こらないよう、十分な事前対策が求められます。

直接雇用のハードルの乗り越え方

外国人労働者を直接雇用する際に、上記のようなハードルが存在することは確かですが、ハードルの乗り越え方を理解し、あらかじめ対処しておくことによりスムーズに受け入れることができます。代表的な対処法について紹介します。

■人材紹介会社の選び方によってハードルを乗り越える

人材紹介会社の選び方は採用の成否を大きく左右するポイントです。頼りになる人材紹介会社を見極めるポイントとしては以下の点が挙げられます。

  • 厳選された人材を紹介してくれる顧客理解力の高さ
  • サポートやフォローの厚さ(特に、外国人労働者特有の雇用手続きやチェックポイントについて専門的な見地からのサポートがあるのとないのとでは、安心感が大きく異なります)
  • 担当者との相性

同じ外国人労働者でも日本語の習熟度や日本の文化に対する理解度にかなりバラつきが見られます。日本企業との親和性の高い外国人労働者かどうかを把握しており、しっかりしたフォローを行っている人材紹介会社を利用することで、直接雇用のハードルをクリアできる可能性が高まります。

また、手続き面などで分からないことがあったときに、的確なサポートや助言をもらえるような頼りになる担当者に依頼することで、手続き面の不安や不備のリスクも軽減できます。

■企業内で外国人を受け入れるための風土を作る

外国人労働者の労働力をうまく活用するためには、全員が働きやすい環境を整えることも重要です。

  • 評価システムの透明化(不当な評価を受けていると感じる外国人労働者数は少なくないため、外国人、日本人にかかわらず、全員が納得できる評価制度を整えるのが望ましいと言えます)
  • 外国人労働者向けの就業規則(外国人の文化や習慣を踏まえ、どこまでを許可してどこからがNGなのかという点を就業規則などで明文化しましょう)
  • 設備の整備(外国語での案内や表示、マニュアルなど外国人労働者が社内で困らないように環境を整備しましょう)

受け入れるために制度を少しでも整えることにより、外国人労働者の意欲を高め、長期的に力を発揮してもらえる企業風土になります。

まとめ

外国人労働者を人材紹介会社経由で採用した場合は、優良な人材を長期的に自社スタッフとして雇用できるというメリットがあります。しかし、採用後には外国人労働者を直接雇用することになるため、リスクケアを怠ってしまうとのちに大きなトラブルを招いてしまうことがあります。

人材紹介会社の選び方や自社の環境整備により、外国人労働者を採用して人材不足解消だけではなく大きな戦力として活用できるようになるので、ぜひ参考にしてください。

 

参照:

関連記事