技能実習 2号移行職種へ「宿泊」追加 通算3年間可能に 民泊業技能試験センター:労働新聞社

技能実習2号の移行対象職種に宿泊職種(接客・衛生管理作業)が追加され、指定試験機関である一般社団法人宿泊業技能試験センター(多田計介理事長)が1号および2号向け試験の詳細を公表した。補助的業務を担う1号に対し、2号ではフロント業務に関する内容も盛り込んだ。実技試験では3人以上の試験官が立ち会い、接客スキルなどを確認する。今回の追加で通算3年以内の技能実習が可能になり、2号の修了後には、無試験で特定技能1号への資格変更が申請できる。・・・続きを見る

■掲載元情報■
掲載日:2020-03-18 05:32:07 UTC
掲載メディア:労働新聞社
URL:https://www.rodo.co.jp/news/89080/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事