国内工場、8割は「通常稼働」 社長100人アンケート:日本経済新聞電子版

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業は事業継続に知恵を絞っている。「社長100人アンケート」で緊急事態宣言の期間中の工場稼働について聞いたところ、8割近くが「通常通り稼働」と答えた。感染リスクの軽減策をとりつつ、収束後の需要回復も見据えてサプライチェーンの維持を図る。オフィスについては約9割が在宅勤務を導入していると答えた。

国内に工場があると回答した企業は全体の約7割だった。このうち、緊急・・・続きを見る

■掲載元情報■
掲載日:2020-04-14 08:48:09 UTC
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58007800T10C20A4TJ2000/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事