阿蘇の農業、外国人支え 熊本地震本震から4年:日本経済新聞電子版

阿蘇の農業、外国人支え 熊本地震本震から4年:日本経済新聞電子版

震度7を2度観測した熊本地震は16日、被害が拡大した2度目の激震「本震」から4年を迎えた。被災地の熊本・阿蘇地域の農業現場では、県内で初めて在留資格「特定技能」を取得した外国人たちが働き出した。地域では農地などの復旧が進むが、被災による道路事情の悪化などで人手が集まりにくい状況が続く。農業関係者は「阿蘇を気に入ってもらい、働き続けてほしい」と期待する。
3月上旬、熊本県阿蘇市のJA阿蘇の選果施設・・・続きを見る

■掲載元情報■
掲載日:2020-04-16 08:37:25 UTC
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58113480W0A410C2CR0000/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)