世界半導体、5四半期ぶり増益 データセンター用好調:日本経済新聞電子版

世界の半導体メーカーの業績が回復している。主要10社の2020年1~3月期の純利益は5四半期ぶりに増益に転換した。次世代通信規格「5G」をにらんだIT大手のデータセンター投資が加速し、演算処理向け半導体が好調。新型コロナウイルスの影響で、巣ごもりによる通信量の増加も追い風となった。一方、メモリー半導体企業の業績回復は道半ばで、スマートフォン需要などに下押し懸念がくすぶる。

米インテルなど大手10・・・続きを見る

■掲載元情報■
掲載日:2020-05-25 09:53:55 UTC
掲載メディア:日本経済新聞電子版
URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59470430S0A520C2DTA000/#

※イメージphoto:エスエスタイムズ事務局にて選定(写真AC)

関連記事